格安simカード比較、安さ・データ量・音声通話などの特徴プラン別のお勧めランキングもあり!

 
 
 
格安SIMカードをご存知ですか?
 
SIMフリーの端末に格安SIMカードを挿入して使う新しい料金スタイル。
格安SIMカードは料金の安さと早い通信速度が魅力!
 
大手3キャリアと直接契約した場合の平均
月額5,000円前後〜1万円以上
 
格安SIMカードの場合の平均
月額712円〜3,000円前後!
 
と、かなり安い!
 
ただ、
格安SIMカードの多くが音声通話がNGである事が多いためデータ通信をメインに考えてる方にお勧めとも言えますが、音声通話付きでキャリア直契約と遜色無いスペックのSIMカードもあります。
 
例えば、(DMM 通話SIMプラン8GB)7G+音声通話で、たったの2786円!(2015年6月現在)とかなりお買い得なプランがあります。しかもデータ通信速度も225Mppsとキャリア直契約よりも早い位!
 
格安SIMは利用用途などによって選ぶべきプランが異なります。
安さ重視プラン、データ量重視プラン音声通話重視プラン、の3タイプに分けて徹底比較してみました。
 
 
料金プラン別の特徴
 
 
【安さ重視プラン(サブ端末派にお勧め)】
 
月額1,000円未満のプランの大半は、
音声通話無し、テータ通信量が1GB前後と少ないプランが多いです。
iphoneを利用中の方が少ない料金でアンドロイド端末などをちょとだけ使ってみたい場合など
サブ端末と割り切るのなら月額1,000円未満のプランで十分だと思います。
 
安さ重視のお勧めSIMカード
 
   月額:712円
   データ通信量:1GB/月
   通信速度:225Mpps
   音声通話:☓無し
 
   月額:734円〜972円
   データ通信量:1GB〜3GB/月
   通信速度:150Mpps
   音声通話:☓無し
 
3位、楽天ブロードバンド データSIM エントリー2!プラン
   月額:756円
   データ通信量:600MB/月
   通信速度:150Mpps
   音声通話:☓無し
 
 
 
 
【データ量重視プラン(音声通話が不要な方にお勧め)】
 
データ量重視の方にお勧めのプラン。
無制限や、10GBのプランなど通信キャリア直契約よりも良い条件のプランが充実してます。
ただし、このプランのほとんどが音声通話はNGとなってます。
音声通話は別端末を利用して、データをガンガン使いたい!って方にはこちらのプランがお勧めです。
 
 
 
データ量重視プランお勧め
 
 
1位、DMM データSIMプラン 10GB
   月額:2,430円
   データ通信量:10GB/月
   通信速度:225Mpps
   音声通話:☓無し
 
2位、DMM データSIMプラン 5GB
   月額:1,371円
   データ通信量:5GB/月
   通信速度:225Mpps
   音声通話:☓無し
 
3位、楽天モバイル データSIM 10GBプラン
   月額:2,440円
   データ通信量:10GB/月
   通信速度:150Mpps
   音声通話:☓無し
 
4位、楽天モバイル データSIM 5GBプラン
   月額:1,566円
   データ通信量:5GB/月
   通信速度:150Mpps
   音声通話:☓無し
 
 
 
 
【音声通話重視プラン(コスパ重視のメイン端末派にお勧め)】
 
音声通話ありのプラン。DMMの音声通話あり7G、8Gあたりのプランは、キャリア直契約と比較しても遜色無いスペックなので人気です。
コスパ重視でメイン端末としての利用を考えてる方にはこちらのプランがお勧めです。
 
 
音声通話重視プランお勧め

1位、DMM 通話SIMプラン 8GB
   月額:3,067円
   データ通信量:1GB/月
   通信速度:225Mpps
   音声通話:◯あり
 
2位、DMM 通話SIMプラン 7GB
   月額:2,786円
   データ通信量:7GB/月
   通信速度:225Mpps
   音声通話:◯あり
 
 
3位、DMM 通話SIMプラン 1GB
   月額:1,360円
   データ通信量:1GB/月
   通信速度:225Mpps
   音声通話:◯あり
 
4位、U-mobile 通話プラス ダブルフィックス
   月額:1,598円〜1,922円
   データ通信量:1GB〜3GB/月
   通信速度:150Mpps
   音声通話:◯あり
 
5位、BIGLOBE 音声通話スタートプラン(1GB/月・音声通話)
   月額:1,728円
   データ通信量:1GB/月
   通信速度:225Mpps
   音声通話:◯あり
 
 
(※数値は、2015年6月10日現在編集部調べの数値となります。最新の価格やスペックは公式サイトで確認してください。)
 
 
安い物には裏がある?!格安SIMの安さの理由
 
上記プラン別で比較したスペックを見ていただければ分かるように、
必要な機能や容量を制限する事で価格が安く抑えられてます。
 
とはいっても、Docomoやauなどの大手通信キャリアから回線を借りてるため、決して品質的に劣るわけではございません。
 
通信速度も格安SIMの場合の方が、キャリア直契約よりも安い場合がある程です。
 
iphone6のキャリア直契約の通信速度参考↓
 
 
グラフ引用元:ITmediaモバイル
 
キャリア150Mpps程度だったりするので、
逆に格安SIMの方がスペック上は早い場合が多い。
 
安さの理由の推測1,
音声通話が無い事が、早い通信速度+安さを実現できるてるのだと推測されます。
 
安さの理由の推測2,
販売奨励金などが各格安SIM会社に渡されてるため安さを実現できてる可能性もあります。
一昔前の携帯電話無料の状況に近いかもしれません。
 
データ通信をメインにスマホを使いたいのであれば格安SIMは有効な選択だと思います。
 
 
格安SIMサービスですが、2015年5月から始まったばかりなので
まだ実際に使ってみた口コミなどが少ない状況です。
 
使えるアプリ編集部でも、格安SIMを実際に使ってみてレビューしてみます!